Archive for 12月, 2016

糸ようじといったボク

あなたはお口の世話では何を使用していますか?歯ブラシは誰でも用いると思います。わたくしはそれ以外にも使っています。糸ようじだ。
歯ブラシは歯の一般はキレイにすることができますが、歯って歯までを掃除するのは困難です。糸ようじであれば、簡単に歯垢を除去することができます。わたくしはこれを毎日使っています。糸ようじ無しの生計は考えられないくらいだ。わたくしはかみ合わせが悪いので、歯の手入れは大変です。糸ようじのおかげで全く助かっています。わたくしが糸ようじをつぎ込み始めたのは高校くらいの間だ。今後もさらに使い続けることと思います。

最近は始めた任務

今まで工房職業や土木仕事など視点生業は極めて関係のない仕事ばかりしてきたのですが、本日動く就業はレストランでの就業になります。
したことのないビジネスなのでメリットも不安も共ありました。
食材を向き合う就業はとても清潔に扱わなければいけないので生肉などは中でも気を使います。
後慌ただしい年月や合間などはきほんてきには決まっています。ですがヒマですなぁと思っているという急に忙しくなったり1年月ぐらいするとヒマになったりといった結構毎日の忙しさが読めないです。
色んな事がようやくで何とも新鮮で毎日が明るいだ。
これからもレストランで働いて頑張って行きたいと思います。

過去と今では

過去と今ではまったく意味が違うという申し立てがかなりあることをご存知ですか?
本当は結構あるんです。
「転がる石は蔑ろを付けない」という申し立ては英国で生まれた申し立てですが、当初は「おとなしくして蔑ろを付けるぐらい黙っていないと済む成行など相当ついて欠ける」に関してでした。ただし、こういう申し立てが移民などの戦法により米に達するや、まるごと意味が変わってしまいました。米でこういう申し立てが意味するところは「転がって転がって転がりまくっていれば蔑ろはつかない。つまり宝石が朽ち果てないのと同じで試し積み重ねる事は転職になる」というのです。
者、申し立てには気を付けましょう。

一時屋にあたって想う訳

同時屋と聞いて何を思い浮かべますか?我々はコメディアンだ。短い間に劇的一服を果たしながらも長続きせず、TVなどなら特性を消したという役者はたくさんいます。長く表ゲームで奮闘できなかったので残念に想うヤツもいるかもしれませんが、我々はそんなふうには思いません。
世の中には、同時割振ることすらできずに消えて行くヤツがたくさんいらっしゃる。ほとんどがそうでしょう。そんな中なので、同時屋になれただけでも激しいことだと思います。また、同時も当ててしまえば氏名は全国区になるので、TVには出れなくても住所仕事の売り買いはたくさんあります。
そういう理由から、我々は同時屋もいいのではないかと思っています。

Categories
Bookmarks